2017/04/03

アガーで作るいちごのミルクプリン

☆アガーで作るいちごのミルクプリン

DSC_4164.jpg


イチゴが美味しい季節も終りに近い?
と思うと無性に食べたくなるいちご


子どもの頃からいちごは練乳より牛乳に入れて
自分で潰して食べるのが好きだった


スプーンの背で押すとジュワッと
白い牛乳がピンク色になるのが楽しかったのかも


いちごみるく味
大人になっても恋しい味です❤


アガーはすぐ固まるのでとっても簡単^^


◎材料(カップ10個分)
・牛乳・・・ 500cc
・ココナッツクリーム・・・ 200g
・いちご・・・ 250g
・きび糖・・・ 100g
・アガー・・・ 13g
※ココナッツクリームがない時は牛乳を700ccにする

◎作り方
(下準備)
・ボウルにアガーときび糖を入れて泡だて器でよくかき混ぜておく
・いちごはミキサーなどでピューレ状にしておく
1. 鍋に牛乳、ココナッツクリーム、いちごピュレを入れ、混ぜておいたアガーときび糖を
  ダマにならないよう 少しずつ、泡だて器で混ぜながら入れる
2. 1.を中火にかけ、絶えずかき混ぜながら沸騰寸前になったら火を止める
3. 容器に流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして出来上がり
※アガーは常温で固まるので火からおろしたらすぐに容器に流してください
スイーツ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/22

ココナッツクリームとバナナのマフィン

☆ココナッツクリームとバナナのマフィン

DSC_4155.jpg


ここ何年かで
ヴィーガン的スイーツをよく作るようになりました


といっても悪的な食べ物も
恐ろしく食べてしまうのですが。。。


まぁ良いのです
完璧にはできないでしょうし
良いか悪いか意識するだけでも
若干ちがうのではないかと・・・
ゆるーい食生活


モットーは何でもバランスよく食べること
楽しんでね♪



◎材料(マフィン6~8個分)
・薄力粉・・・170g
・強力粉・・・ 50g
・ベーキングパウダー・・・ 10g
・葛粉・・・ 25g
・ココナッツクリーム・・・90g
・菜種油・・・ 60g
・アガペシロップ・・・100g
・バナナ・・・1本

◎作り方
(下準備)
・ボウルにココナッツクリームと葛粉を入れてよくかき混ぜ葛粉を溶かす
・ バナナはフォークの背で潰し、ピューレ状にしておく
・ 薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーはふるいにかけておく
1. ボールにアガペシロップと菜種油を入れ、泡だて器で乳化するまでよく混ぜる
2. 1.に潰したバナナを加えて軽く混ぜたら、ふるった粉類も入、
  ゴムベラに持ち替えてさっくり混ぜる
3. マフィン型に入れ、180℃で予熱したオーブンに入れ20分~25分焼く
4. 焼きあがり、竹串を指してみて何もついてこなければできあがり!

アガペシロップがなければハチミツでも良いと思います
少し甘めだったので、次回は80g~90gに減らしてみます

バナナは2本使っても良かったかも

バターも卵も使っていないのに
コックリ美味しいマフィンです♪

強力粉でむっちり食べごたえも抜群よ~

スイーツ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/01

ドライフルーツとドライトマトでピンチョス

☆ドライフルーツとドライトマトでピンチョス

DSC_3745.jpg


お酒のあてにあと一品
簡単で美味しいピンチョス案^^


さつま芋にクリームチーズと有機のドライトマト
手前はブルーチーズに柿のドライフルーツをのせたもの


このドライフルーツの柿は干し柿ともまた違って
スライスした形、その名も「柿ップス」といいます


わがオンラインショップで取り扱っております~
→ こちら

ブルーチーズとドライフルーツは相性抜群ですね~❤

ワインにピッタリなのですが
私は日本酒でもいけます


というか、美味しい日本酒が手に入ったときは
むしろチビチビつまみたい


何度も言ってることかもしれないけれど
子どものころ、おっきなカップアイスを
おっきなスプーンで独り占めして食べるのが夢だった


お気に入りの映画なんかを見ながら(笑)
そんなのが大人贅沢と思っていた幼少時代


大人になってカラダのことイロイロ気になってくると
そんなことできなくなるのも知らずに~


で、食生活が進歩した?今は?
映画なんか見ながら
お酒を飲んでこんなピンチョスをチビチビつまみたい


でも現実、酔っぱらいは映画を最後まで
観ることができないのでした(爆)


お友達の母さんからいただいた
大根の酢漬けとおから炒り

DSC_3740.jpg

キレイなピンク色と具沢山おから炒りに
二日酔いの食生活が救われる今日この頃でした^^;









前菜 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/02/21

手作り豆乳ホイップ

☆手作り豆乳ホイップ

写真 2017-02-21 13 03 15

豆乳ホイップを手づくりしてみました
ホントは生クリーム大好きですが


やっぱりね。。。食べ過ぎちゃいけないものですよね。。。
といういことで豆乳ホイップ
これありです!!おいしい♪


◎豆乳ホイップ

(材料) 小ココット2個分位 
・豆乳・・・60g
・ココナツオイル・・・60g
・きび糖(ココナツシュガーでもOK)・・・10g
・レモン汁・・・小さじ1

(作り方)
1.レモン汁以外の材料をブレンダーにかける
 (この時、ココナツオイルは液体の状態のものを使用する)
2.1.がよく乳化したらレモン汁を入れ、さらに撹拌する
3.トロットなったらできあがり

※ブレンダーはバーミックスで泡立て用アタッチメントを使用しました
※バニラエッセンスを少々加えても美味しいと思います
※最初はかなり緩いと感じても、ココナツオイルなので時間が経つと固まってきます
※香りのあるココナツオイルを使用したので、次回香なしのココナツオイルでも
 試してみたいと思います


年末にいただいた桃の枝に
お花が咲いてきました

DSC_3777.jpg


極寒の我が家で(汗)
良く咲くことができましたね~と感心

もうすぐ桃の節句
我家の小さなお内裏様とお雛様を出してみました

DSC_3778.jpg
スイーツ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/01/26

初めての味噌づくり

☆初めての味噌づくり

IMG_268522.jpg


久しぶりのブログ更新。。。
久しぶりすぎてびっくり~


みなさんマメに更新されているの
ホントに尊敬!


私に足りないのは継続する力だ・・・汗


さてさて年も明け、年末からずっとやりたいと思っていた味噌づくり
やっと初チャレンジできました


お料理センス抜群のステキ女子からアドバイスをいただき
いざ取り掛かる!


行程を見ると意外と簡単!
と思いきや、大豆を煮ている途中、圧力が噴き出したり


混ぜる容器が小さかったりと珍道中
でもなんとか無事仕込むことができました


手始めに大豆1Kg分
残り1Kg分を昨日終了


これ、熟成に1年待つのですよ。。。


1年後に楽しみなことが待ってるって
すごくないですか~
そんなことあまりないことですよね


以下覚書↓

材料はこだわりましたよ!
・大豆はステキ女子が手配してくれた「金沢大地」の有機大豆 = 1Kg
・会津の糀屋さんの糀 = 1,350g(1回目)
仁井田本家さんの米糀 = 1,350g(2回目)
・シママース = 500g

DSC_3254.jpg

DSC_3261.jpg

DSC_3734.jpg


本当は麹を1.5Kgで仕込む予定でしたが、

1回目に準備した麹が1袋450g入りだったので、
3袋1,350gでやってみました。なので2回目も合わせて同量に・・・

スペシャル味噌なるに違いない


①大豆はよーく洗って、3倍くらいの水に18時間以上浸します
 するとこんなにぷっくりしてきます
DSC_3251.jpg



DSC_3340.jpg


②浸した水を切って圧力なべに大豆を入れ、ひたひたになるくらい水をい入れます

③圧力鍋で20分煮ます
 するとこんなに柔らかく!指でつぶれるくらいに
DSC_3342.jpg

④大豆をつぶすのはフードプロセッサーだととっても簡単
DSC_3343.jpg

⑤塩きり麹(塩と麹をよく混ぜたもの)に大豆をよく混ぜていきます
  ここでよーく混ぜないと美味しい味噌にならないそうです
  まんべんなくまんべんなく
DSC_3344.jpg

⑥よく混ざったら団子状に丸めて、保存容器の底から隙間なく詰めていきます
 団子状に丸めるのは空気を抜くためです
DSC_3346.jpg

 保存容器は琺瑯と亀壺2種にしてみました
 亀壺は底が少し欠けていたのでビニール袋を敷きました
 アルコール消毒をして使用

⑦最後に空気に触れないよう和紙やラップを敷いて落し蓋をし
 2~3割り程の重しをいて完成
DSC_3349.jpg

DSC_3350.jpg

 和紙は水分を吸収してカビにくくなるとのことでおススメ
 我家に習字用の半紙があったのでそれで覆ってみた。いいのかな・・・
 和紙やラップを敷く前に、うっすら塩を振るレシピもありました

全体をビニールで覆い常温で1年熟成させたら完成!
DSC_3353.jpg

熟成途中で「天地返し」をするレシピもあります
様子を見てやってみよう







ソース・調味料 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »