2018/06/06

自家製酒粕天然酵母のパン

☆自家製酒粕天然酵母のパン

20180524.jpg


天然酵母づくりにハマっています
暖かくなってきたし
強い味方、ヨーグルトメーカーも購入したし^^


今のところ酒粕酵母のみのチャレンジ
もう少し極めたらいろいろ試してみたい


で、極めるのははるか遠い道のりというもので
ブサイクな形の食パンとカンパーニュ(笑)

DSC_7309.jpg

こんなの画像公開するかーって感じですが
へんてこな形も自分で作ったものって
なんとなく愛着がわいてくるというもので^^;


食パンは無理やりパウンドケーキ型で焼いてるし
カンパーニュはクープがおかしくて笑っちゃう(〃▽〃)

ま、とりあえず覚書でレシピを。。。

まず元種作り
・酒粕・・・30g
・冷ご飯・・・30g
・水・・・40g
全てガラス瓶に入れてかき混ぜ軽く蓋をして常温に置くこと1日
暖かい日に実行
たまに蓋を開けて瓶をゆする
(炭酸ガスを抜いて空気を入れるイメージ)
2日目でブクブクしてきた
3日目、泡が落ち着いたので発酵終了と勝手にみなし冷蔵保存
一週間位保存可能

元種を直接使っても良いですが
今回は中種作りに挑戦

中種
1.元種酵母と強力粉を1:1で混ぜる
 今回は元種30gと強力粉30gを混ぜ
 ヨーグルトメーカーに30℃で2時間にセット
2.生地が2倍になったら取り出し、粗熱が取れたら一旦冷蔵庫へ
3.半日後、2.の生地にさらに強力粉30gと水30gを入れて混ぜる
 (2.の工程でふくらみが悪い場合は水ではなく元種30gにする)
 混ぜたらまた、ヨーグルトメーカーに30℃で2時間にセット
4.生地が2倍になったら取り出し、粗熱が取れたらまた一旦冷蔵庫へ
5.また同じことを繰り返します
 半日後、4.の生地にさらに強力粉30gと水30gを入れて混ぜ
 ヨーグルトメーカーに30℃で2時間にセット
 .生地が2倍になったら中種完成!冷蔵庫で保存し1週間で使い切ります
 ※同じことを3回繰り返します
 ※ヨーグルトメーカーがない時は、暖かい室温でもう少し時間をかけて様子を見ながらやります

<カンパーニュ>
○材料 
・強力粉・・・200g
・全粒粉・・・50g
・中種・・・60g
・水・・120g
・きび糖・・・5g
・岩塩・・・3g

○作り方
1. 中種と水以外をボールに入れてスケッパーなどで混ぜ、
  次に中種を入れてスケッパーで切るように混ぜ、最後に水を入れて混ぜる
2. 手で軽く捏ねてひとまとめにしたらラップをかけて30分置く
3. 30分後生地をまとめなおし、張り出すように丸めていき
  ビニール袋に入れて、冷蔵庫に入れ1日置く(低温発酵)
4. 1日後冷蔵庫から出し、常温に半日ほど置く
  生地が1.5倍くらいに膨らんだらガス抜きをして丸めなおし
  濡れふきんをかけて10分ほど置く
5.10分後真ん中にクープを入れ、霧吹きをして
  230℃に予熱したオーブンで5分、200℃に下げて15分焼く
 ※この配合でけっこうもっちりしていて美味しいです

食パンは配合ちょっと忘れ気味。。。
たぶん
・強力粉250g ・中種80g~100g ・水150g ・きび糖10g ・岩塩4g
・オリーブオイル10g
だったかな・・・
スポンサーサイト
パン類 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/04/05

酒粕天然酵母でスコーンを焼いてみました

☆酒粕天然酵母のスコーン

DSC_6412.jpg

なんと!できました~
酒粕天然酵母


その酵母を使っての
スコーン
DSC_6401.jpg

そしてパン
pan1.jpg

パンの方が先でしたが
ビジュアルがあまりよくなくて
つい後回し^^;
pan2.jpg

半信半疑だったけれど
ちゃんと発酵してくれて感激
pan3.jpg

ふかふかパン目指して
続研究。。。

<覚書>
◆酒粕酵母の配合
・酒粕・・・30g
・全粒薄力粉・・・30g
・水・・・75g
全てガラス瓶に入れてかき混ぜ軽く蓋をして常温に置くこと1日
暖かい日に実行
たまに蓋を開けて瓶をゆする
(炭酸ガスを抜いて空気を入れるイメージ)
2日目でブクブクしてきた
3日目、泡が落ち着いたので発酵終了と勝手にみなし冷蔵保存
この時点で完成したかは半信半疑^^;

◆酒粕天然酵母スコーン
○材料 
※薄力粉・・・200g
※きび糖・・・25g
※岩塩・・・1.5g
・ 酵母・・・60g
・ 豆乳・・・50g
・ バター ・・・45g

○作り方
1. バターを1cm角にカットし冷蔵庫でよく冷やしておく
2. フードプロセッサーに※の材料を入れ、スイッチをプッシュし
  ガッガッと数回混ぜる
3. 2.に1.のバターを入れて、FPのスイッチをガッガッと少しずつプッシュしていき
 生地がポロポロになるまで続ける
4. 酵母と豆乳をよく混ぜ、3.に入れ、FBを少しづつ回し
全体がなじんでしっとりしてきたら手でひとまとめにする
5. 生地をラップとラップの間に挟み綿棒で細長く伸ばし、三つ折りにする
これを2回繰り返す
6. 四角くたたんだ生地をラップで包み冷蔵庫でまる2日低温発酵させる
7. 2日後、生地を冷蔵庫から出し、凡そ10㎝×15㎝×高さ3cmに形を整え
8等分にカットする
8. 200℃に予熱したオーブンで10分焼き、180℃に下げて5分、170℃に下げて5分
焼いたらできあがり

◆酒粕天然酵母パン
○材料 
・強力粉・・・200g
・酵母・・・40g
・水・・90g
・岩塩・・・3g

○作り方
1. 薄力粉と塩をボールに入れて混ぜ、酵母と水を入れ
  スケッパーで混ぜる。捏ねなくてOK
2. 軽くひとまとめにしたらラップをかけて30分置く
3. 30分後生地をまとめなおし、張り出すように丸めていき
  ボールに入れてラップをかけ、常温に8時間ほどおいて1次発酵
4. 1.5倍くらいに膨らんだらガス抜きをして丸めなおし
  濡れふきんをかけて10分ほど置く
5. 10分置いたらスケッパーなどでお好きな等分に分割し
  丸めてオーブンシートの上に置き、濡れふきんをかけて
  1時間程2次発酵させる
6. 生地が膨らんだら真ん中にクープを入れ、霧吹きをして
  230℃に予熱したオーブンで5分、200℃に下げて15分焼く

パン類 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/10

ライ麦粉でカンパーニュ風


☆ライ麦粉でカンパーニュ風

DSC_4522.jpg

カンパーニュ風といったのは
はたしてこれをカンパーニュと呼んでしまってよいものか・・・
というところのパン


発酵カゴも使ってないし
形も微妙^^;


でもお味は自分で言うのもなんですが
美味しかったです


ライ麦粉配合で、酸味はあるけれど
それがまた、チーズやワインと合うのです♪


カンパーニュ極めたいなぁ
カンパーニュが作れる女になりたい!!


ちょっと手土産に~なんていっちゃって(笑)


DSC_4527.jpg


◎材料
・強力粉・・・ 200g
・全粒粉・・・ 25g
・ライ麦粉・・・25g
・ぬるま湯・・・ 160cc
・塩・・・ 4g
・ドライイースト・・・ 小さじ1

◎作り方
1. 材料を全てボウルに入れ、ぐるぐる混ぜてまとめたら台に移し、2~3分ほど捏ねる。
2. 生地を丸め、ボウルに戻し、ふんわりラップをして温かい場所で一次発酵。
3. 一次発酵が終わったら丸め直し、濡れ布巾をかけ、15分程ベンチタイム。
4. ベンチタイム後、手でガスを抜く感じで伸ばし、縦に三つ折り、横に三つ折りにして丸める。
5. ザルにライ麦(分量外)を振り、とじ目を上にして入れ、濡れ布巾をかけて二次発酵。
6. 二次発酵が終わったら、ひっくり返して生地をオーブンシートにのせ、クープを入れる。
7. 250℃で10分焼き、230℃に下げて20分焼く。

※焼くときは、スチーム機能があれば初めの10分をスチームにするとよいそうです。
 今回それを省き、クープを入れた後、霧吹きしてみました。
 そして5.工程でザルとありますが、本当は発酵かごがよいのでしょうね~

パン類 | Comments(0) | Trackback(0)
2016/02/21

はじめてのクロワッサン☆

☆はじめてのクロワッサン

DSC_1572.jpg

人生初のクロワッサンにチャレンジ!


なんでも作ってみないとわからないですしね。。。


クロワッサンて大好きなんだけど
レシピを見るとこんなにバター使うのか・・・
と思って、いつも躊躇してしまって


やっとチャレンジすることができました


というのも、ここのところ夫の仕事が忙しくて
休日もお仕事しているので
お料理する時間がたっぷりあるというわけです


むむ。。。形がいまいち^^;
でもそとはサックサク、中はふんわり
そしてバターの香りがやっぱりおいしい♪
たまにはいいですよね~


昔、お友達のお家に遊びに行ったとき、
手土産に、近所のパン屋さんのクロワッサンを
持って行ったのですが


可愛い袋に入れ替えていったものだから
お友達に「もしかして手作り~」ってえらく感動されて
もちろん、パン屋さんのよって言ったんだけど


それ以来、変に菓子袋を入れ替えるのはやめにしようと思いました


そして、それからずっと気になってたのに
作ることのなかったクロワッサン
作れてよかったです^^;


(材料) 小8個分
・強力粉・・・100g
・薄力粉・・・50g
・塩・・・3g
・きび糖・・・15g
・ドライイースト・・・3g
・牛乳・・・80cc
・バター・・・5g
・バター・・・折込み用100g

(作り方)
1.ボウルに強力粉・薄力粉砂糖・ドライイーストを入れて、
 人肌に温めた牛乳を加えて、粘りが出るくらいまで混ぜる。
2.さらに塩・室温にもどした生地用バター5gを加えて混ぜる。
3.粉っぽさがなくなるくらいになったら丸めてボールに入れ、
 ラップをして冷蔵庫で3時間おく。(1次発酵)
4.折込用バターをラップとラップで挟み、15×15㎝位に麺棒で伸ばす。
5.打ち粉をした台に生地を置き、バターがおけるくらいの正方形に伸ばし、
 中央にバターを置く。
 すみの生地をたたんでバターを包み、閉じ目をしっかりと閉じる。
 麺棒を使って生地を上から押すようにして伸ばす。
 (なるべく長く、バターが出ないように気を付けて)
 3つ折りにしてビニール袋に入れて冷蔵庫で30分休ませる。
6.30分経ったら冷蔵庫から出し、生地を90℃回転させて20×30㎝に伸ばし、3つ折りにする。
 これを3回繰り返す。
7.生地を20×30㎝に伸ばし、端を切り落とし、底辺が8㎝位の二等辺三角形を作る。
8.三角形の底辺中央に1㎝程の切り込みを入れて巻いていく。
9.巻き終わりを下にしてオーブンシートを敷いた天板に並べ、30℃以下で30分位二次発酵する。
10.表面に牛乳を刷毛で塗り、250℃に予熱したオーブンで5分、200℃に下げて10分焼く。





パン類 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/09/25

米粉のハムチーズマフィン

☆米粉のハムチーズマフィン

DSC_9026.jpg


おかずマフィンを焼きました


膨らみはいま一ですが^^;
米粉でもっちりおいしいです~


最近はおやつ熱より、おかず熱が発生していたため
おやつ的なもの、久しぶりに焼きました


なぜお料理熱が出ているかといいますと!
なんと~憧れの『ゆりり先生』のお料理教室に通っているのです☆


ゆりり先生のお料理は気持ちがほっこり
あたたかくなるものばかりで


あ~ちゃんと手間ひまかけると
食材ってこんなに美味しくなるんだぁって思います


お家帰って同じように作るのだが、まだまだ腕が及ばず。。。
修行あるのみです


先生の穏やかな雰囲気も大好きで
最近の私の癒しのひと時です❤


こちらは今月のお教室にて

お教室


鶏チリはめちゃ柔らか~ はじめて手羽をさばいた手羽スープ^^
すべてうまし


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎米粉マフィン
(材料)マフィン型6個分
・米粉・・・80g
・BP・・・小さじ1(4g)
・卵・・・1個
・豆乳・・・60ml
・オリーブオイル・・・30g
・きび糖・・・5g
・塩・・・小さじ1/4
・チーズ・・・20g
・ハム・・・3枚
・ピーマン1個

(作り方)
1. ボールに卵を割りほぐし、きび糖、塩を入れて泡立て器でよく混ぜ、
  オリーブオイル、豆乳の順に入れ、その都度よく混ぜる
2. 米粉とBPを合わせたものを1.に入れて泡立て器でよく混ぜる
3. 細かく切った具(チーズ・ハム・ピーマン)を2.に混ぜて
  ゴムベラに持ち替えてよく混ぜる
4. 生地をマフィン型に流し入れ180℃で余熱したオーブンに入れ
  15分焼いたらでき上がり!


パン類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »