2017/09/15

お弁当やおにぎりにも!簡単とうもろこしご飯

☆とうもろこしご飯

DSC_5410.jpg

あっという間の夏でしたので。。。
トウモロコシも急いでたくさん食べています^^


今回は炊き込みごはん☆
おどろくほど簡単で、おどろくほど美味しい~

ルクルーゼで炊きましたが
炊飯器でももちろんOKです


おにぎりにすると何個でも食べてしまいそうで怖い(。>ω<。)ノ

onigiri.jpg


(材料) 
・お米・・・ 2合
・お水・・・ 360cc
・トウモロコシ・・・ 1本
・塩・・・ 小さじ1
・お酒・・・ 大さじ1

(作り方)
1. お米は洗って水を切り、鍋に入れて分量の水を入れ20分浸水する。
2. 20分後、お酒とお塩を入れて混ぜ、お米の上に包丁で削いだ
  トウモロコシを入れ、真ん中に削ぎ落したトウモロコシの芯も置く
3. ルクルーゼであれば、蓋をして中火で沸騰するまで炊き、
  沸騰後、弱火にして10分、火を止めて10分蒸らす
  (炊飯器なら普通炊きで)
4.蒸らしが終わったら芯を取り除き、ふっくら混ぜて出来上がり

※ 炊き上がったあと、芯の周りについている削ぎ落しきれなったトウモロコシの実の部分を
  スプーンなどでこそげ落して一緒に混ぜるとうま味が増して美味しいです
※ 今回、お酒の代わりに『さらり絹粕調味料』で炊いてみました。美味しいですよー


『さらり絹粕調味料』 の詳細はよろしければ、こちらをどうぞ


オンラインショップ『福うらら』では、ただ今『有機栽培ミニトマト』を販売中です
季節限定の野性味あふれるトマトのお味!とってもおススメです

DSC_5069.jpg


戻りまして。。。芯も入れて炊くのがポイント(=゚ω゚)ノ

DSC_5406.jpg


スポンサーサイト
ご飯もの | Comments(0) | Trackback(0)
2017/09/07

有機栽培ミニトマトで作る簡単おつまみたち

☆有機栽培ミニトマトで作る簡単おつまみたち

DSC_5069.jpg


『福うらら』オンラインショップで
ただいまご紹介中の『有機栽培ミニトマト』



福島県の喜多方市にある『チャルジョウ農場』さんの
有機栽培かつ無潅水栽培(水を与えないで育てること)のトマトです


パパっとできるおつまみ3品作ってみました!
ホント簡単なのでぜひに^^


◎ミニトマトとアボカドの和風マリネ

湯むきしたトマトを白だしに漬けアボカドと和えて
クルミとオリーブオイルを合わせたものをトッピング
DSC_5225.jpg


またまたアボカド^^
◎アボカドと水切りヨーグルトの前菜

スライスしたアボカドに水切りヨーグルトをのせ
角切りにしたトマト・みじん切りエシャレット・オリーブオイル・塩コショウ
を合わせたソースと共に!
DSC_4660.jpg


◎トマトのチーズ焼き

ミニトマトを輪切りにし、耐熱容器に並べ
みじん切りにした玉ネギにアンチョビ・クミン・オリーブオイル
を合わせたものをのせ、粉チーズをふって230℃のオーブンで10分!
DSC_5269.jpg


そのまま食べるのが美味しいですが
焼くとまたうま味がギュッと出てめちゃおいしいです(。>ω<。)ノ


9月いっぱいのご紹介です
甘みと酸味のバランスが良い、野性味あふれる味わいをぜひに^^




前菜 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/07/24

山椒味噌

☆山椒味噌

DSC_4816.jpg

直売所で青々とした山椒の実をみつけました
手に取ってみたもののどうやって使ったらよいモノか^^;


母と一緒にお買い物中だったので聞いてみたところ
さっと湯がいてすり鉢で潰して
お味噌と和えればいいのだとか


えっ簡単じゃーん
と思いまして即購入♪


小さなパックを1つだけ
ん~多分大さじでいったら2杯くらいかな
良く洗って枝から外して2~3分湯がき
水気を切ってすり鉢で潰しました


お味噌とみりん、砂糖を適宜
小鍋に入れて弱火にかけて、フツフツしてきたら
山椒を入れ、軽く火を通したらできあがり♪


おーーーっ
けっこうピリ辛です

DSC_4826.jpg

ジャムの瓶にちょうど一つ分できたので
少しずつ使ったら結構長く楽しめそうです




ソース・調味料 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/19

ル・クルーゼでデーツのあんこを炊きました☆

☆デーツのあんこを炊きました
DSC_4637.jpg

冷凍庫にストックしておいたあんこが
いつの間にかなくなってた(・Д・)


たいがいうちのストック餡は
母が手作りしてしてくれるもので


こし餡好きの母から、いつかちゃんとした作り方を
伝授してもらおうと思っているのだが
母工程のこしあんがどうにも面倒なにおいが・・・


私の面倒くさがりは、母親似と思っていたのだが
違うのか!! ^^;


それで、私はいつも圧力でガッと煮て
パッと作っていたのですが、


ルクルーゼを買ってからは
コトコト煮るのもなんか楽しい~
なんて気持ちも芽生え、めっきりルク派に


粒あんです
一物全体主義
(こすのが面倒というのもあります)


でも、炊き上がったらバーミックスで
潰しちゃえば粒あんになりますしね(笑)


で、今回さらにナチュラル仕上げで
甘未はデーツにしてみました


とっても甘さ控えめですが
このくらいで十分なのかも


でもやっぱりもうちょっと。。。
と思い、米飴もプラスしています

DSC_4646.jpg

◎材料
・あずき・・・ 250g
・デーツ・・・ 130g
・米飴・・・大さじ2
・塩・・・ 2つまみ
・水・・・ あずきの3倍(750cc) +1カップ

◎作り方
下準備 : デーツを50cc位の水に浸してやわらかくし、柔らかくなったら
      水も一緒にハンドミキサーなどにかけてペースト状にする

1. あずきはザルに入れて軽く洗い、沸騰したお湯に入れ、強火で煮る
2. 沸騰したら「さし水」1カップを加えて、再度沸騰したらザルにあけ、煮汁をすてる(あく抜き終了)
3. 再びあずきの3倍の水と一緒にあずきを煮て、沸騰したら中火~弱火にし
  蓋をして40分程煮たら火を止め、そのまま30分放置する
4. 30分後あずきの硬さをみて、柔らかくなっていれば次の工程に。
  まだ固ければあと10分ほど煮る(水分が少なくなっていたら豆が浸るくらい水を足す)
5. あずきが柔らかくなっていたら再び弱火にかけ、ペースト状にしたデーツと塩を入れ
  なじむまで弱火で煮る
6. 味をみて、もし甘みが足りなければ米飴を足してできあがり

※1.のあく抜きであずきを煮るとき、水ではなく熱湯に入れると
  豆の煮えむらが少なくなるそうです
※やわらかいデーツはそのまま使っても良いと思いますが、
  かためのデーツが多いので、水に浸しペーストにした方が餡となじみやすいです
  デーツはあずき100gに対して半量の50gが目安です
※厚手の鍋を使用しないときは、3.の工程で1時間位煮た方がよいと思います


スイーツ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/05/10

ライ麦粉でカンパーニュ風


☆ライ麦粉でカンパーニュ風

DSC_4522.jpg

カンパーニュ風といったのは
はたしてこれをカンパーニュと呼んでしまってよいものか・・・
というところのパン


発酵カゴも使ってないし
形も微妙^^;


でもお味は自分で言うのもなんですが
美味しかったです


ライ麦粉配合で、酸味はあるけれど
それがまた、チーズやワインと合うのです♪


カンパーニュ極めたいなぁ
カンパーニュが作れる女になりたい!!


ちょっと手土産に~なんていっちゃって(笑)


DSC_4527.jpg


◎材料
・強力粉・・・ 200g
・全粒粉・・・ 25g
・ライ麦粉・・・25g
・ぬるま湯・・・ 160cc
・塩・・・ 4g
・ドライイースト・・・ 小さじ1

◎作り方
1. 材料を全てボウルに入れ、ぐるぐる混ぜてまとめたら台に移し、2~3分ほど捏ねる。
2. 生地を丸め、ボウルに戻し、ふんわりラップをして温かい場所で一次発酵。
3. 一次発酵が終わったら丸め直し、濡れ布巾をかけ、15分程ベンチタイム。
4. ベンチタイム後、手でガスを抜く感じで伸ばし、縦に三つ折り、横に三つ折りにして丸める。
5. ザルにライ麦(分量外)を振り、とじ目を上にして入れ、濡れ布巾をかけて二次発酵。
6. 二次発酵が終わったら、ひっくり返して生地をオーブンシートにのせ、クープを入れる。
7. 250℃で10分焼き、230℃に下げて20分焼く。

※焼くときは、スチーム機能があれば初めの10分をスチームにするとよいそうです。
 今回それを省き、クープを入れた後、霧吹きしてみました。
 そして5.工程でザルとありますが、本当は発酵かごがよいのでしょうね~

パン類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »